« さすがのモード番長、ヴィクトリア・ベッカムと Numero TOKYO。 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »

2012年2月 8日 (水)

古来から継承されて来た「型」に、ふと思うこと。

最近、毎日のストレッチにヨガの三角のポーズや鳩のポーズを取り入れ始めました。

もともとは何年か前に、
近所のフィットネスクラブに通っていた時にそこの「ヨガ」クラスで初めて体験したヨガなのですが、

(本格的にヨガをなさってる人からしたら、巷のフィットネスクラブでのヨガクラスはヨガもどきでしかない、と言われるかも知れませんが…、まあそれは置いとくとして。←ざっくり過ぎ?``;)

当時は自宅でも、そのクラスで習った一連の流れ(総合で30分〜40分の動きの流れ)を熱心にやったりしていましたが、
ここ何年かはすっかりご無沙汰していました。。(`-`;)>

それが、最近また気がむいて三角のポーズや鳩のポーズなど、2、3のポーズを毎日のストレッチに軽く加え始めたのです。

そしたら、
とーーっても地味なものだけれど、身体の中心部にちょっとした変化を感じ始た昨日今日でして。。
(それはまだ地味すぎる感覚で言語化もなかなか難しい段階ですが。)

で思ったのは…、
やはり古来から練られて練られて練られて来て継承されてるポーズ(型)って言うのは、
やっぱり人が価値を持ち続けて来ただけの意味があるんだろうな〜、と言う事。

例えば三角のポーズが、何百年まえから何千年前から?継承されているものなのかはヨガの門外漢の私はさっぱり知りませんが、
いにしえの人たちからその身体感覚によって継承され、ある時はブラッシュアップされ、またそれが継承され、今に至っているポーズだという事実(そしてそれを現代の自分自身でも感じているのかも知れない事)に、静かに「う〜ん」と感じ入る今日なのであります。

« さすがのモード番長、ヴィクトリア・ベッカムと Numero TOKYO。 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393127/44025616

この記事へのトラックバック一覧です: 古来から継承されて来た「型」に、ふと思うこと。:

« さすがのモード番長、ヴィクトリア・ベッカムと Numero TOKYO。 | トップページ | ジャクソン・ポロック展 »