« 冬の午後、本郷で思った事。 | トップページ | 「おいしい店とのつきあい方。」 »

2012年1月10日 (火)

「どんな髭剃りにも哲学がある。」

どんな髭剃りにも哲学がある。

私が最初にこの言葉を知ったのは何十年前だったか忘れましたが、
それは村上春樹氏のエッセイの中で、何かの引用で春樹氏がこのフレーズを使っていたのを読んだ時でした。

ー どんな些細なことでも毎日続けていればそこにおのずから哲学が生まれる ー と言う意味だと知り、
「なるほど、そんな言葉があるんだー」と記憶に残った訳ですが…。

(後に調べてわかりましたがこれはサマセット・モームの言葉だったんですね。)

で、最近思うのは

この言葉では髭剃りにふれられているけれども、これはほんとに日常している何気ない行為ひとつひとつに当てはまるな〜、という事。

例えば

洗顔しかり、

チークのひと刷けしかり、
マスカラのひと塗りしかり、

etc. etc. …

毎日何気なく繰り返すこれらの事、
本当に何気なく(習慣として無意識に)する日もあれば
今日の感覚、今日の気づき、あっ と意識がある時もあり

それは次の、翌日の、同じひと手間に反映され、更新され、それが日々つながって行きます。

それで
その人のその行為は日々、月々、年々、その人のやり方で積み上がりその人の中で洗練されて行くのかも知れません。

…と考えると
何気ないひと手間ひとつひとつにも、気持ちをいれて丁寧にして行きたいな〜、丁寧にして行かなければな〜と、

それは自分を重ねて作るものだから…、

と思う今日この頃です。

« 冬の午後、本郷で思った事。 | トップページ | 「おいしい店とのつきあい方。」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393127/43693728

この記事へのトラックバック一覧です: 「どんな髭剃りにも哲学がある。」:

« 冬の午後、本郷で思った事。 | トップページ | 「おいしい店とのつきあい方。」 »